バイカーの話題

最近友人の紹介によってバイクを始めました。そもそもバイクって危ないなぁって思うことが多かったのですが、最近はバイクの魅力に逆に虜になっています。バイクの風を切る疾走感やエンジン音、タイヤでしっかり乗っていると感じることができる感触は忘れられません。今はバイクの腕を磨いてその友人と一緒にツーリングに行きたいです。その友人と共通の友人として原田竜一郎さんがいるのですが、彼ともバイクを通じて仲良くなったのです。

 

■250ccバイクの魅力
同じ趣味がある人同士は簡単にわかり合うことができます。最近は250ccのバイクに乗っていて、私のは250ccネイキッドです。これは一般的なものとして乗りやすいということもあって友人がおすすめしてくれました。このバイク好きな友人もまた250ccシリーズが好きでいろいろとカスタマイズしているのです。とくに250ccのバイクは車検がいらないということもあって、自分で好きな用に改造することができるのが人気です。

 

その友人もクリエイター気質な一面があるから、改造などと聞くととても燃えるみたいです。確かに男なら一度はメカニックに憧れるものです。車でもバイクでも自分好みに仕上げていくことが何よりも大切なことかもしれません。その友人はボロボロな中古の250ccのバイクを見つけては自分の好きなように改造しています。もともと車検もないため、古くなっているバイクも流通していることがあります。そういった安いバイクを手に入れて、自分で好きなようにカスタマイズしていくのがその友人のひそかな楽しみとなっているわけです。

 

たしかに私もその友人が改造している工程を見ていましたが、それをみていると私の芸術魂も燃えてきました。もともと絵を描いたりするのが好きで昔はかっこいいバイクなどを自分でデザインしていたものです。この前はその友人にそのデザインを見せてみたら、とても感動したらしく「このバイクをつくろう」と言われました。カラーから変更して、私がデザインした通りにバイクができていくのを見て私も感動してしまいました。

 

これにはさすがに友人も感動したらしく、二人でバイクを作ったということで、二人して泣きました。これがバイク人生において一番の思い出になっています。思い出は誰かと共有することでさらに楽しくなると思っています。これからも私がデザインして、友人が作っていくという形でバイクを楽しみたいと思っています。友人に感謝しなくてはなと思います。

 

■季節を感じるツーリングに
暖かくなってきたこの季節はどこか遠くに行きたくなります。それはもちろん飛行機でもいいですし、電車でもいいですし、船でも車でもいいです。でも私はバイクでどこかに行くのが好きです。バイクは景色を楽しみながら走ることを実感できるので、楽しいです。最近は原田竜一郎さんの紹介で旅行好きなバイカーの友人ができました。それによって私の活動の幅も広くなったとともっています。

 

なぜかというと、その新しい友人が非常にアウトドアが好きで、外にバイクで出かけるのが好きなのです。それにあやかって私もよくその友人とツーリングに行っています。景色を眺めたり、美味しいものを食べたり、イベントに参加したり、そういった楽しいことがバイクには多くて、それぞれの好きな分野があるっていいなと思っています。

 

バイク好きの中でも特殊な趣向を持った人もいて、友人がその一人です。友人の趣向としては、バイクを改造してそれにまたがるだけというのが好きみたいです。たしかに改造したバイクはとてもかっこよいのでまたがるだけでも楽しいのですが、私はそれでツーリングに行ったらもっと楽しいと思っています。それぞれ楽しいことがって、その友人の楽しみ方もとても良いと思います。人間の趣味にとても豊富な種類があるように、バイクを趣味にしている人はそれぞれの趣味を持っています。この前はようやくその友人とツーリングすることができて、片道数百キロの道のりをツーリングしてきました。

 

静岡まで行ってきたのですが、非常に暖かくて、緑ももう出てきていました。それを見ていると心も体も開放された気分になって、非常に楽しくなってくるのです。友人はインドア派でバイク乗りなのにあまり外にでない友人ですが富士山を見た彼は絶句していました。その日の天候は最高で、まさに雲一つない大空ということもあって、それが彼の脳内の景色としてこべりついたのです。私も初めて富士山を生で見てその圧倒的な大きさにやはり日本一だなと感じざるを得ませんでした。これはもうバイカーなら一度はツーリングで来た方がいいと思います。

 

また、富士山に登らなくても、5合目あたりまでは車やバイクで行くことができるので、一度体験してみるのも良いと思います。これが最近のその友人との一番の思い出です。これからもインドア派な彼をいろんなところに連れて行ってあげたいなと思います。もうこれは一種の母性本能みたいなものですね。

 

■バイクなら世界が広がる
私は車の免許の時もそうでした。こちらは雪が降る地方なので、冬にとっておいた方がいいのです。それが結果的に安全運転に繋がるということで、バイクの免許も冬に取りました。コースも道路も冬はまったく変わってきますから、それを覚悟の上でやっていくと夏にさらに楽しむことができます。最近は原田竜一郎さんの紹介もあってバイクの仲間が増えてきたので、バイクを楽しむことが多くなってきました。

 

最近とても暖かくなってきた、それによって景色も変わってくるのでバイクで景色を見に行くのもいいですよね。最近は新しい友人も増えて、その友人もまた景色が好きなバイカーでした。彼はいつも絶景を求めていて、それを写真にとってはネットで販売しているのです。もちろんそういったサイトを経由してですが、個人のバイク乗りがそうやって趣味の幅を広げているのってとてもかっこいいなぁって思っています。

 

私も最近始めたバイクですが、これからは日本の世界遺産を回っていこうかなと思います。その友人も世界遺産などの絶景が好きで、富士山が世界遺産に登録されたときもツーリングに誘われました。もちろん行きたかったのですが、友人が忙しくなってしまってそれから見に行くことができていなかったので、最近は見に行きたいなぁって思っています。そこでこの前その友人に相談したのですが、とても興味を持っていて、さらに他のバイカーも集めていくことになりました。これはとても楽しいので、今から待ち遠しいです。友人はこういった集まりがとても好きで、とくに恋人も家族も近くにいない私にとっては彼は最高の友人です。紹介で出会ったのですが、初めて会った時から年齢も近かったということもあって、すぐに打ち解けました。

 

それによって交流も深まっていき、今では大切な友人としてかかせない方になりました。彼もまた人当りが良くてすぐに打ち解けることができるから、最近は毎日のようにバイクの話をしています。そのバイクの話をしているときの彼の表情はまさに子供のころのような顔になっていて、そういった時間が最近は本当に楽しいです。この前は宿泊で温泉に行き、のんびりとした時間を過ごしてきました。温泉は車で行くのも良いですが、バイクで行くことによってより楽しむことができます。景色も温泉街は絶景が多いですからね。今後も気を遣わなくていい彼と一緒にバイクを楽しむことができたらいいなと思っております。