今どきの転職はパソコンが主流

看護師として働く場合は、その分野は広く様々な選択肢があります。転職の際にはどのような分野で働きたいのかを明確にしておく必要があります。ナースの方が必要とされている雇用先は病院やクリニックだけではありません。他にも、健康診断のため、医師と企業などに出向き働く仕事もあります。又、保健所や老人福祉施設などで働くこともできます。

 

そして、教育機関では養護学校の教諭として働くことも可能です。このようにナースの免許を持っている場合は、様々な職場を選ぶことができ、ナースの方を必要としている雇用先には様々な種類があるのです。ここでは看護師の転職で役立つ雇用先別の特徴についてお話致します。先ず最初に、ナースの方が必要とされている場所に診療所があります。基本的に、診療所は入院施設などが無い小規模な医療機関になります。

 

診療所には医師が常駐していますが、病院とは異なり医療スタッフの数が少ないという特徴があります。診療所の場合は病院よりも簡単に開設することができ、届け出を出す事で診療所を開くことができます。診療所の場合はスタッフが少ない為、対応しなければならないことが多いという特徴があります。地元の方々と接する機会が多く、コミュニケーション能力が問われる雇用先です。

 

次に、ナースの方の雇用先として民間企業によって運営されている、企業病院というものもあります。企業病院は、その企業に勤めている方やその家族が利用するための施設です。勤務中に何かあった場合でも、即座に対応出来る医療機関であるという特徴があります。 企業が運営している病院ですから就労しているナースは会社員としてみなされます。一般的な病院に比べると、受診する人数も少なく、ナースの方の負担は軽いものとなります。このようにナースの方が必要とされている場所には様々なところがあります。ナースの方の転職の際には、予めこのような場所も念頭に入れておく事が大切です。