今どきの転職はパソコンが主流

転職にはインターネットの活用が必須です。最近は、多くの会社が求人を自社のウェブサイトで行なっています。インターネットを活用しなければ、求人情報も得られず、応募すらできない求人が多くなっているということです。

 

もちろん、その後のやりとりは、ウェブを使ったり、メールを使ってなされるので、ある程度のインターネット経験が必要です。会社によっては選考試験や会社説明会の参加も全てウェブサイトだけで受け付けていたりするので、インターネットを活用しないで転職するのは選択肢を大幅に狭くしてしまいます。もちろん、昔ながらの電話や郵送による転職可能ですが、多くは零細企業のみとなっています。

 

大企業は沢山の応募者がいますので、コンピューター処理した方が業務効率が上がるために、ほとんどの企業がウェブサイトを求人活動に使っているのです。転職の希望先が大手企業で、人気のある企業であるなら、ウェブサイトで応募することになると考えてもいいでしょう。逆に、零細企業に転職希望の人もいるでしょう。

 

この場合は、多少のメールのやりとりはあっても、昔ながらの電話や郵送による選考が主となることが多いです。この場合は、必ずしもインターネットに精通している必要はなく、メールができれば何とかなると考えてもいいです。但し、どの職種につくにしても、ビジネスマンになろうというなら、コンピュータースキル自体は高い方がいいのは間違いありません。もし、苦手ならコンピューターを勉強することをオススメします。