今どきの転職はパソコンが主流

インターネットを利用して転職活動を行うのが常識となりつつあります。

 

10年前には求人誌を書店やコンビニで購入してそこから企業を選び電話をして面接のアポイントを取るのがメジャーでした。今も求人誌はありますがほとんどの企業が書類選考を行っています。

 

インターネットを利用した転職、求人誌を利用した転職、どちらとも面接までたどり着けるハードルは高くなっています。手書きの履歴書、職務経歴書で書類選考に挑むよりも転職サイトを利用したほうが労力が減ります。

 

ほとんどの転職サイトは最初に学歴や職歴などのテンプレートを作成します。志望動機や自己PRなどについては企業によって異なりますので応募する企業によって考えて応募する形になりますが手書きのものよりも労力が減りますのでお勧めです。

 

ただ、楽な分とりあえず受けておこうかなという気持ちが芽生えてしまいますので要注意です。企業としても本気で働きに来てくれる人を探している訳ですし受かったら入社しよう的な軽い気持ちで応募しますと万が一内定したとしても続くことはないでしょう。

 

そうすると自分自身も一からやり直すしかなく余計に大変な思いをするでしょう。インターネットで求人を出している企業がほとんどだと思いますが、自分の棚卸を行い行かせるスキル、やりたいことができるかどうか真剣に自分自身と向き合い応募するようにしましょう。

 

このご時世、インターネットで調べれば企業の大体のこと事がわかる時代。
面接前に良くリサーチをして挑むことを忘れないようにしましょう。